心に届く俳句を作りたいと思っています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
いつもの箕面市のバス停宮の前付近の田んぼにも水が入って田植えが終わりました。田植えの順番ってこの辺では北の方から、寒い所から始まっているような気がします。
昨日見た時には水が入っていなかった田んぼに今朝は水が入っていました。水が入った田んぼを眺めているとバスが来る前に雨が降り出しました。カエルたちは喜んでいるのでしょうね。




 風に揺れ
 か細い苗が
 一列に


 (かぜにゆれ かぼそいなえが いちれつに)

朝からの雨、帰宅すると忘れていったスマホに梅雨入りのニュースが入っていました。まだまだと思っていたのですが、一日雨降りが続いたので梅雨入りなのでしょうね。近所の公園も水がたまっていました。



いつもの緑地内の通路です。道の横の小さな水路に水が音を立てて流れています。苔の土も水を含んでフワフワになっていました。




 足元に
 蚯蚓横たう
 梅雨の入り


 (あしもとに みみずよこたう つゆのいり)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございます。 m(._.)m
箕面市内の阪急バス、バス停留所宮の前付近の風景です。中央に見える稲の苗がきみどりの四角を作っています。苗代の周りを囲むようにまっすぐの線が引かれた茶色い田んぼが見えています。この茶色い田んぼは『田起こし』をされた状態だそうです。この田んぼに水を入れて平らにならすようにかき回すことを『代かき』というそうです。




 縦横に
 線で絵を書く
 耕耘機


(たてよこに せんでえをかく こううんき)


壁飾りのこいのぼりの尻尾の下にカエルと紫陽花が登場しました。
雨の木曜日、いつものお地蔵さんの前には水たまりができ、チンを鳴らすのに一苦労しました。梅雨空のような大阪市内でした。





 田の隅に 
 水入れを待ち 
 蛙啼く



  (たのすみに みずいれをまち かえるなく)


朝の風景です。田んぼがきれいに耕されてこの状態で水を入れるのでしょうか?
真上から見ればきれいな美しい模様に見えるのでしょうね。朝の光を受けて少し逆光気味の写真になってしまいました。



7時20分過ぎてそろそろバスがやってきそうです。それでもこの景色に見とれて撮影に心がとらわれてしまいました。パッと交差点の方に顔を向けるとバスがまがってやってくるのが目に入りました。ぎりぎり間に合いました。




  この畝が
  水につかって
  田植えかな


  (このうねが みずにつかって たうえかな)


知り合いのかりあげのびたさんがこの写真で俳句を作りたいというので特別に作りました。
三年生の時から景色を見て作っています。




 サンパラソル
 みんなのことを
 幸せに         かりあげのびた


(さんぱらそる みんなのことを しあわせに)









今日の午後から新しい冷蔵庫がやってくるということで、朝からその準備に追われました。これまでよりちょっと大きめの冷蔵庫なのでまず玄関から台所までの動線をチェックしました。その間にある様々な障害物を除ける作業から、今使っている冷蔵庫周りの大掃除やらあっという間にお昼がやってきて、息子と二人で近所のお弁当屋さん(ほっかほっか亭)に向かいました。
朝、いつも歩いているルートですが、お昼前の風景はだいぶ違って見えました。いつもの川のいつものお地蔵さんも楽しげに見えました。春を待っていたのでしょうか?



このオリヅルランも春を満喫していました。何もなくなったところから立派な葉をドンドン出しています。



これは森ノ宮で挿し木して持って帰ってきた松葉ボタンです。やっと根付いたようで毎日少しずつ葉が大きくなっているように見えます。




 水をくれ!
 松葉ボタンの
 声がする


 (みずをくれ! まつばぼたんの こえがする)


今年もまた小さな梅の実が顔を出しました。鳥の声と風の音が小さな梅の実を揺らしているようです。公園の外縁の急な坂のところに植えられている梅の木なのですが、時々どこかのネコが梅の木の下で昼寝をしているのを見ることがあります。今年は実の付きがイマイチのような気がしました。



まだまだ葉も若く実も赤ん坊みたいなので見つけにくいのかも知れません。




 春の陽の
 光と熱を
 独り占め


  (はるのひの ひかりとねつを ひとりじめ)


春らしい季節になりました。今日の昼はもう初夏のような陽気でした。
朝のうちは曇りでしたが、午後からはスカッと晴れあがって気持ちよく外歩きができました。
去年の6月に撮影し、一度ブログにも載せたことのある写真です。なぜかこの写真が気に入って再度載せることにしました。




 袖まくり
 光燦々
 法然忌


  (そでまくり ひかりさんさん ほうねんき)

箕面市の東を流れる勝尾寺川です。このあたり(箕面市粟生間谷)から1級河川になって茨木市の佐保川に合流するそうです。朝7時過ぎ川の中に二羽のカモがいました。雄と雌でしょうか?一羽のカモは首筋が青く光っていました。



河原に入りあまりにも近づき過ぎたためにカモが飛び立ちました。カモを追いかけ、ふと後ろを見ると立派なイチゴ畑が広がっていました。


 
 イチゴ苗
 レールのように
 畝が伸び


(いちごなえ れーるのように うねがのび)


カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
25 26 27 28
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[01/08 miwa]
[12/30 bozu]
[12/26 桂]
[12/10 桂]
[12/03 桂]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。