心に届く俳句を作りたいと思っています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
ららぽーとエキスポシティのフードコートの中のお店、会津屋の焼きそばとラヂオ焼きのセットです。ソース味の焼きそばやたこ焼きを食べたかったので会津屋さんに並んだのですが、呼び出しベルが鳴って受け取ったのがこの焼きそばとラヂオ焼きでした。食べた後、無性にソース味が食べたくなりました。




 夏昼餉
 迷いに迷い
 ラヂオ焼き


 (なつひるげ まよいにまよい らぢおやき)

きょうから6月というのに、昨夜は大雨が降りました。今夜もまたひと雨来そうな空模様です。
遠くで雷鳴が聞こえ、風も吹いてきました。
朔日ということでいつもの赤福の『朔日餅』です。6月は麦手餅。
もち麦粉が入った餅生地で黒糖味の餡を包み、
上から香ばしい麦粉をまぶした素朴なお餅です。




麦粉ってはったい粉とどう違うのでしょうか?おまけに付いている麦粉を熱い湯で練って砂糖を加えて食べるようにとの説明書きがあるのですが、まさに子どもの頃食べたはったい粉ではないでしょうか?
お餅を一個、丁寧に盛りつけてみました。




 夏が来た
 雷破裂
 ドッカーンと


 (なつがきた かみなりはれつ どっかーんと)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
つかしんの津の田屋というお店で『津の田マウンテン鍋定食』をいただきました。牛肉と豚肉とお野菜をコチュジャンベースのうま辛だしと魚介スープで煮るというお鍋です。コチュジャンの味がしみてはじめは辛かったのですが、おいしかったです。




 腹裂ける
 〆のうどんに
 音を上げる


(はらさける しめのうどんに ねをあげる)


つけ麺がおいしい『麺や六三六』へいつものつけ麺を食べようと出かけたのですが、入り口に『濃厚豚骨ラーメン』の写真があり、あまりにもおいしそうだったので券売機で買ってしまいました。
真っ白いスープの中央にからし高菜が積まれていました。この高菜を混ぜてスープを飲んだのですが、最初はかなり辛く感じました。麺がしこしこしておいしかったです。




 豚骨や
 泡立つスープに
 舌鼓


 (とんこつや あわだつすーぷに したつづみ)

5月の朔日餅です。伊勢千代紙の包装紙がすごく立派です。破るのがもったいないくらいでした。アヤメの絵の中には柏餅が入っていました。


少し小ぶりの柏餅が並んでいました。やはり赤福餅の餡が詰められていておいしかったです。
6月は麦粉がしのお餅らしいです。楽しみです。




 葉を開く
 ツルンぱくっと
 柏餅


  (はをひらく つるんぱくっと かしわもち)


久し振りに古潭のラーメンを食べました。40年ぐらい前に虹の街の古潭に仕事帰りによく立ち寄ってラーメンを食べました。難波や日本橋も変わってるのでしょうね。
昔食べたことのあるコーンバターラーメンをまた食べてみたいです。



きょう、注文したしょうゆチャーシュー麺です。献血に時間がかかり、午後2時ぐらいの昼食になってしまいました。たくさんの客が入っていて、あまり期待していなかったのですが、おいしかったです。





 一杯の
 ラーメン食べて 
 春思う


(いっぱいの らーめんたべて はるおもう)


梅田の新梅田食堂街でお昼を食べました。「えき亭」というお店で焼そば定食を目指しました。
先日4月1日に行ったときには、この焼きそば定食がなくて断念したのです。それ以来、この焼きそばが食べたくて昨日の5日無事に食べてきました。焼きそばW定食が同じ値段で540円(税込)でした。長いカウンターの中でおばあさんと男性の店員の二人がいて、主に焼きそばを焼くのがおばあさんの仕事になっていました。時々、焼きそばを焼いた後「これどこや?」と尋ねたり、「次は何玉や?」と尋ねたりして、男の店員が「ちゃんと覚えてや!」ときつく返事をしたりしていたのですが、その時にいた客はみなさん常連さんらしく、そんなやりとりを気にせず、すまして聞いていました。
調べてみるとお好み焼きは冬の季語で、焼きそばは夏の季語らしいです。
今は春なのですが・・・




 二玉の
 焼きそばペロリ
 腹ふくる


  (ふたたまの やきそばぺろり はらふくる)

朔日餅を買いに梅田の阪神百貨店に行ってきました。そこでまず粟生団地からバスに乗って箕面へ行ったのですが、何とバス停の名前が変更になっていました。
聖母被昇天女学園前が山麓公園前になったのです。聖母被昇天が4月からアサンプションに変わるのでバス停もアサンプションになるのかなと思っていました。
4月1日の朔日餅は桜餅でした。



箱を開けると桜の香りが強かったです。こちらは今日中に食べてくださいとのことでした。一緒に買った赤福餅の方を先ほどいただきました。おいしかったです。




 桜餅
 さあ来い五月は
 柏餅


  (さくらもち さあこいごがつは かしわもち)

姫路に行けば必ず買ってしまう、本家かん川の塩味饅頭です。
コノミヤやイオンで時々売っている塩味饅頭とはやはり味とこくが違います。この箱を見てもかなり上等なお菓子だと気づかせるでしょう。



みどり色した塩味饅頭がでてきました。お盆の時にお供えする『はくせんこう」に少し似ているのですが、こちらはかなりおいしいです。




 春の夜
 法事のあとの
 しほみかな


(はるのよる ほうじのあとの しほみかな)


昨日は三月一日、朔日餅を買いに阪神百貨店に立ち寄りました。伊勢千代紙に包まれて売り場に並んでいたのですが、ひなまつりのデザインが華やいで見えました。
3月はよもぎ餅、濃い緑色が新鮮でした。



お餅をアップしてみました。この中に入っている餡が赤福餅の味で絶妙の味でした。
今読んでいる古着屋総兵衛の話の中に伊勢が舞台になっている巻がありました。
お伊勢さんにまた行きたくなりました。




 噛むほどに
 ヨモギの味の
 懐かしさ


(かむほどに よもぎのあじの なつかしさ)



カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
25 26 27 28 29 30
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[05/04 東京のE子とS子]
[11/22 かわせみ]
[10/28 ka-ko]
[09/27 矢田@医療職兼業トレーダー]
[09/16 bozu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア