心に届く俳句を作りたいと思っています。
ハロウィンの壁飾りを作り始めたのは9月のはじめです。少しずつ増えてきてにぎやかな壁飾りになりました。黒色の色画用紙で負った大きな魔女です。



こちらは普通の折り紙で負った小さな魔女です。帽子と顔で一枚、胴体と手、足で一枚の折り紙を使用しています。



  ハロウィンの

   お菓子包んで
 
    はや準備


 (はろうぃんの おかしつつんで はやじゅんび)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 


イオン伊丹昆陽のカルディという珈琲などを販売している雑貨店の店内に掲げられているハロウインの案内を撮影させてもらいました。万聖節、11月1日、前夜祭 10月31日ということがよくわかりました。



こちらはジャックオーランタンの由来です。最初はカブだったのですね。




  あちこちで
  ジャックが笑う
  神無月


   (あちこちで じゃっくがわらう かんなづき)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございます。 m(._.)m 


つかしんの夏祭りです。西町の方の広場にやぐらがたてられて、その上で太鼓を叩く人と踊りを踊る人がいました。そのやぐらの周りには踊る人の輪ができていて気持ちよくみんなが盆踊りを踊っていました。
8月5日、きょうは淀川花火大会の日でした。




 祭り行く
 浴衣姿の
 二人連れ


 (まつりゆく ゆかたすがたの ふたりづれ)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村

いよいよ3月27日から火野正平の心旅が再開します。それに先だって今夜スペシャル番組が放送されて一番最初のパイロット版の長崎の旅と、第1回の京都宇治の旅を丸ごと見ることができました。
このテレビ画像は2011年2月15日に放送されたパイロット版の長崎を旅する場面です。この時から1ヶ月足らずで3月11日の震災を迎えたわけです。正式放送の第1回は4月5日京都の鴨川の三条大橋下からスタートしました。番組の中で震災被災者に対しての火野正平さんの思いが語られました。『頑張っている姿を見せたい』という言葉に感動しました。



この画面は『シャタケ山』に女の子と登り、風の足跡を眺める北海道の一篇です。女の子の体が弱いことを知ったときの正平さんのびっくりした表情と懸命にあやまり心配する様子が印象的でした。視聴者のリクエストが多かったのも頷けます。




 春の旅
 まだまだ頑張る
 正平さん


  (はるのたび まだまだがんばる しょうへいさん)


赤鬼と青鬼がやってきました。おどろおどろしい様子で大きな声を出してやってきたので小さな子どもたちは泣き出しました。泣き声が泣き声をよんでまさに阿鼻叫喚の世界になりました。
行事が落ち着いて赤鬼さん、青鬼さんの記念撮影をさせてもらいました。



青鬼さんの面の下の眼が少し怖かったです。




 青鬼さん
 イベント終わり
 息荒し


  (あおおにさん いべんとおわり いきあらし)

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[10/15 ryo]
[08/23 甘ん]
[08/19 甘ん]
[08/18 甘]
[05/04 東京のE子とS子]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア