心に届く俳句を作りたいと思っています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
伊丹昆陽イオンで先週もやっていたのですが、昆虫展をしていました。先週撮影できなかった金のさなぎのクリスマスツリーです。オオゴマダラという日本最大級の蝶々のさなぎです。さなぎの数が減っているなと思ったのですが、横を見ると羽化した蝶々が何羽かいました。



向こうの方にぶら下がっているのがさなぎで金色から少し色が落ちていました。大きなオオゴマダラが生まれていました。




 秋深まり

  あっという間に

   陽が落ちる


(あきふかまり あっというまに ひがおちる)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 


いつものバス停の横の畑がきれいに耕されていました。これから何を植えるのでしょうか?
まったく耕したばかりの畑って珍しいので撮影してみました。



昨夜、スシローへ行き、この前食べられなかったマグロをたらふく食べました。
やっぱりマグロはおいしかったです。



 食欲の秋

  マグロ六貫

   いただきます



(しょくよくのあき まぐろろっかん いただきます)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 


府道9号線、通称山麓線の小雨の朝です。
粉糠雨というのでしょうか、かさを差さなくてもいいような雨ですが、なかなかやみそうにもありません。
この一枚、道の真ん中に出て撮影したのですが、後方から右折してきた自動車に叱られてしまいました。



 見渡せば

  どの田も刈られ

   雀群れ



(みわたせば どのたもかられ すずめむれ)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

箕面の山麓線に面した田んぼのほとんどが稲刈り、脱穀が終わり11月の風景になりました。
この田んぼの反対側にはまだ稲刈りをせずに重そうに稲穂が垂れて、ところどころ倒れ掛かった田んぼが一面残っています。




この稲架に干された稲穂はもう半月以上になります。21号、22号の台風の雨でかなり濡れたのですが、いつまで干すのでしょうか?




稲架の向こうの方の刈り取られた田んぼの端っこに大きなシラサギが歩いていました。白い点にしか見えませんが、わかるでしょうか?




少しだけアップしてみました。




 首揺らし

  シラサギ一羽

   田で遊ぶ



  (くびゆらし しらさぎいちわ たであそぶ)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

いつものバス停の前にあるスーパーの裏手の五字神社の大きな木です。
その上の青空がしわがよっているような画像になっていますが、秋の雲です。
今日から11月、霜月です。畑の白菜にもうっすらと白いものが見えていました。霜がくぐった白菜やキャベツはおいしいと聞きましたが、どうでしょうか?



 秋の空
 
  お宮の森は

   かっこよし


 (あきのそら おみやのもりは かっこよし)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

ハッピー!ハロウィン!
秋晴れの朝、目の前に早くも黄色に輝く木々があらわれました。
いつもはバス停に向かうのに、この道を通らず右折してしまったからでしょうか、こんなに近くに見事に色づいた黄葉があるとは思いませんでした。
それにしても今朝は寒かったです。



 天高し

  黄葉の上の

   宇宙かな



 (てんたかし もみじのうえの うちゅうかな)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

まだ青い実のどんぐりが一つ落ちていました。歩道の中央の裂け目に目を出した芝生や草の葉の中に、なんとなく間違って紛れ込んだようなどんぐりがありました。
かがみこんで撮影したのですが、横を通り過ぎる人たちが訝しそうに眺めながら道を急いでいました。



 首竦む
  
  もう冬近し
 
   朝の冷え


  
  (くびすくむ もうふゆちかし あさのひえ)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

台風一過、すさまじいエネルギーが通り過ぎましたね。昨夜、息子がバス停から家までの帰り道、「いろんなものが飛んできて危なかった!」とびしょぬれになりながら話していましたが、朝、その道にはたくさんの木の枝が集まっていました。本当にこんなのが飛んで来て顔にでも当たったら大変だったなあと思いました。



こんな小さな枝がぴしぴしと飛びまくったのでしょうね。風の通り道というのか、不思議に一か所に集まっていました。


  足元に
   
   木っ端 見上げれば
   
     澄んだ空



(あしもとに こっぱみあげれば すんだそら)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

今朝、バス停に向かう途中で足元に見つけました。モミジが雨に濡れて美しく光っていました。
小さな葉っぱが一枚、その存在を主張していました。



しばらく歩くと少し大きめのモミジが数枚集まっていました。台風が過ぎれば紅葉見物に行けるでしょうか?



 モミジ落ち
 
  中途半端に
 
   色づきぬ


  (もみじおち ちゅうとはんぱに いろづきぬ)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 


森之宮のUR住宅のはずれにある砲兵工廠跡に建てられているお地蔵様です。雨降りで祠の前に水たまりができていていつものようにチンを鳴らすのが難しかったです。何とか近づいてお堂の前に立つとお地蔵様のやさしい顔を近くに見ることをできました。

いつものご真言「おんかかかびさんまえいそわか」を唱えたのですが、昨日見たNHK火野正平の『心旅』の中でご真言の言い方が若干違っていました。
「おんかーかー かびさんまえい そわか」と言っていました。今朝からこのように唱えることにしました。



 雨の朝
  
  お地蔵様は
   
   やさし顔


  
  (あめのあさ おじぞうさまの やさしかお)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
23 24 25
26 27 28 29 30
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[10/15 ryo]
[08/23 甘ん]
[08/19 甘ん]
[08/18 甘]
[05/04 東京のE子とS子]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア