心に届く俳句を作りたいと思っています。
[1]  [2
西宮ガーデンズで『酔いどれ小籐次 青春抄』を読破しました。これで酔いどれ小籐次シリーズ完全読破することができました。8月に発行される新作を待つことになります。

金曜日に続いてまたまた映画を見てきました。小栗旬主演の『銀魂』という映画です。
コミックを原作にした実写版の映画で、原作を知らずに見ると荒唐無稽な話がどう展開するのか全くわからない感じで始まりました。時代劇のような現代劇のようなこれまであまり経験したことのないストーリーでした。



映画館入り口で見かけた巨大なミニオンです。ブロックで作られていました。




 よく冷えた
 ショッピングモール
 三時間


 (よくひえた しょっぴんぐもーる さんじかん)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村


シネ・リーブル梅田へ久し振りに行ってきました。鑑賞した映画は「ありがとうトニ・エルドマン」というドイツ・オーストリア合作の映画です。父親役の人がかなり面白い着ぐるみで登場するシーンが気に入って画像を探したのですが、見つけられずにこのポスターを使うことにしました。
わかりにくい写真ですが、毛むくじゃらの怪物の着ぐるみを着たお父さんと娘が抱き合っているところです。



映画館は梅田スカイビル タワーイースト3階にあるのですが、待ち時間があったので地階の滝見小路をぶらぶらと見て回りました。七夕の飾りが目につきました。




これが一階の映画館の入り口になるところです。



スカイビルの屋上の回廊を下から撮影してみました。





 夕涼み
 梅田界隈
 午後八時


  (ゆうずずみ うめだかいわい ごごはちじ)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
109シネマズのポイントカードからお知らせメールが来ました。これまで貯めたポイントが6月いっぱいで失効するという連絡でした。そういえば最近、西宮とか尼崎の方へ映画を見に行っているので箕面の映画館へはずいぶんご無沙汰していました。映画を見ればまた半年間延長するということなのでさっそくネットで調べてみました。しかし、109シネマズ箕面のホームページでは何となくこれといった映画が決まらず、それではと109シネマズでも“エキスポ”の方を調べてみました。



そこで見たくなった映画が、「武曲」という映画でした。「むこく」と読むそうです。
綾野剛と村上虹郎主演の剣道の場面がよくでてくる映画です。藤沢周の原作です。





 梅雨入り晴れ
 単館映画
 久し振り


  (ついりばれ たんかんえいが ひさしぶり)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村


ディズニー映画『美女と野獣』を見てきました。不思議なことに西宮ガーデンズの映画館は満席となっていて、尼崎キューズモールの映画館ではまだ余裕がありの表示がでていました。
その中でもこのベル役のエマ・ワトソンがよかったですね。




 ビューティーに
 ハーマイオニー
 成長し


  (びゅーてぃーに はーまいおにー せいちょうし)

『ムーンライト』を見てきました。「第1章 リトル」で登場した主人公とアカデミー助演男優賞を獲得したマハーシャラ・アリです。少年時代、ティーンエイジャー時代、大人と3つに区切ってそれぞれ違う俳優が演じています。



第2章「シャイロン」青春時代です。




第3章「ブラック」大人になったシャイロンです。大逆転というのか、アカデミー賞の作品賞を受賞した映画ということで、かなりの観客でしたが、エンターテインメント映画ではないので楽しんでみる映画とはちょっと異なるので、どうお勧めすればいいのか難しいですが、日本人では味わえない世界を見られるということでしょうか。




 おにぎりと
 ミルージュ持って
 春映画


  (おにぎりと みるーじゅもって はるえいが)





『ラ・ラ・ランド』を見てきました。今回は何も前知識を入れずに単純にミュージカル映画を楽しもうと西宮ガーデンに足を運びました。前評判がいいのかすごい観客で久し振りに活気ある映画館でした。
ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが主演していました。ライアン・ゴズリングは『ラースとその彼女』や『きみに読む物語』に出ていました。エマ・ストーンはスパイダーマンで『沈黙』のアンドリュー・ガーフィ-ルドの相手役をしていた彼女です。
彼すごくピアノを上手に弾いていたのですが、自分で弾いているのでしょうね。



ハイウェイでの出会いから二人が次第に惹かれあいまでのプロローグから歌と踊りがところどころに入っていて、ちょうどいい感じでした。
一番印象に残ったのが、プラネタリュームでのシーンでした。あっと驚きますよ。




 現社かな
 2・26も
 遠くなり


 (げんしゃかな にてんにろくも とおくなり) 



上映されているのは知っていましたが、積極的に見ようとは思わなかった映画の一つでしたが、
「沈黙 サイレンス」という映画を見てきました。遠藤周作の「沈黙」、私が高校の時、図書室の先生から薦められたことを覚えているのですが、残念ながら読んだ覚えがありません。「狐狸庵」シリーズやユーモア小説を読んでいたような気がします。
左側がセバスチャン・ロドリゴ役のアンドリュー・ガーフィールド、右側がもきち役の塚本晋也です。アンドリュー・ガーフィールドはスパイダーマンを演じていた人です。
この塚本晋也さんが演じるもきちが十字架にはりつけにされて壮絶な死を迎えるシーンはかなり堪えました。
静かな映画でした。終わっても音楽が流れずエンドロールの間だれ一人立って帰る人がいませんでした。何かわからないけれどズシーンと心に響く映画でした。




 映画見て
 あとから検索
 納得し


 (えいがみて あとからけんさく なっとくし)

年の瀬にふさわしい映画はないかなと、映画コムでいろいろ眺めていると始めは公開の規模が小さかった映画が次第次第に拡大されて公開する映画館が増えてきているという映画がありました。それが『この世界の片隅に』という映画でした。関西でもいつものテアトル梅田系の数館しか上映していなかったのが、増えているのに驚きました。
この映画のエンディングでクラウドファンディングの皆様というのが流れ、たくさんの人の名前が続きました。クラウド=群衆 ファンディング=資金 この映画作りに賛成して支援しようという人たちが資金提供されてこの映画が作られたそうです。



「君の名は」の映画を見たときかそのあとの映画の時にかこの映画の予告編が流れて、昭和初期の広島という舞台設定にちょっと構えてしまってその時には見ようとは思いませんでした。
最近になってネットでみんなで作った映画ということが知らされて見てみようと思いました。
主人公のスズさんです。ノンという声優と紹介されるのですが、何と能年玲奈さんでした。





 空襲の
  怖さ体感
       映画見て


(くうしゅうの こわさたいかん えいがみて)


トム・ハンクス主演の映画『インフェルノ』を観てきました。
ダン・ブラウン原作の『ダビンチコード』『天使と悪魔』に続くラングトン教授の活躍する映画です。特に本作はフィレンツェとイスタンブールを舞台にアクションたっぷりの作品になっていて、アヤソフィアや地下宮殿も出てくるので思わず「あっ!」と声が出てしまいました。

最近見た映画 何者
       君の名は。
       ハドソン川の奇跡(トム・ハンクス主演)
       ジェイソン・ボーン
       シン・ゴジラ  ETC
今年初めに見た映画
       ブリッジ・オブ・スパイ(トム・ハンクス主演)

と言うことで今年3本目のトム・ハンクスの映画でした。

帰りに池田で食べた「松の屋」のロースカツ定食(500円)です。




 すき鍋に
 トンカツ定食
 秋全開


  (すきなべに とんかつていしょく あきぜんかい)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 
久しぶりにゴジラの映画ができたというので封切りの日の次の日、西宮ガーデンで見てきました。今までのゴジラ映画をあまり知らないのがかえって良かったようで、十分に楽しく鑑賞できました。映画を見るまでは、今回のゴジラがいいゴジラなのか、悪いゴジラなのかなどと考えていたのですが、放射性廃棄物を食べて突然変異でこんな怪獣ができたという設定からスタートしているので新しい気持ちで見ることができました。要するにイイもワルイモ関係なくてゴジラの出現に日本中が大騒ぎするというお話です。




 つかの間の
 虚構の世界に
 夏忘れ


  (つかのまの きょこうのせかい なつわすれ)



   ※無季語俳句を作っていたのですが、知り合いから感想をもらい季語を入れてみました。


(お願い)
日本ブログ村に参加しています。
下の小鳥のバナーをクリックしていただければランキングの画面になります。
一日一回のクリックをよろしくお願いします。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へにほんブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[08/19 甘ん]
[08/18 甘]
[05/04 東京のE子とS子]
[11/22 かわせみ]
[10/28 ka-ko]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア