心に届く俳句を作りたいと思っています。
[1]  [2]  [3
雨模様で山に登るのを躊躇しています。
シンガポールではアメリカの大統領と北朝鮮の委員長の会談が始まりました。
首脳会談という感じには見えなくて、親父と息子、師匠と弟子という感じを受けました。




 杉木立

 てっぺん見あげ

 夏の空


(すぎこだち てっぺんみあげ なつのそら)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

箕面の森ハイキングマップC1地点からの景色です。勝尾寺古参道へ登るときに、帝釈寺前の交差点から上り初めて最初の休憩地点です。



箕面東高校の校舎や体育館、コノミヤの前の水道塔などよく見えています。



 風涼し

  生駒を望む

   箕面から


(かぜすずし いこまをのぞむ みのおから)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 


先週、山へ登れなかったのできょう久し振りにうつぎ谷から東海自然歩道を目指すルートを往復4時間かかって歩き通しました。久し振りのせいか、かなりきつかったです。
最勝ケ峰、標高535メートル近くの岩場からの景色です。きょうは空気がいつもよりは澄んでいて遠くの山々まで見ることができました。



勝尾寺の鐘の裏に咲いていたかなりきれいな紫陽花です。アップで撮ってみました。



 紫陽花が

  鐘の音聞く

   勝尾寺


   (あじさいが かねのおときく かつおうじ)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 


山の中に一人でいることに慣れてきました。時々出会う人たちの中には、グループの人もいれば単独で歩いている人もいます。一人で歩くなんて、もし何かあれば心配ではないのだろうか?などと一人歩きの人のことを心配していたのですが、いざ自分が一人で歩いてみると、何となく山に守られている気がしてきて気分的に落ち着くのです。時々、道の横から聞こえるガマガエルの低い「ブオー」という声に驚きながらもです。
この山道では一度だけ猿の夫婦?と出会いました。こちらも驚きましたが、向こうもドキッとしたようで一瞬、身を堅くしましたが、次の瞬間悠々と二匹で歩いて姿を消しました。




山歩き

 薫風の道

  汗乾く

(やまあるき くんぷうのみち あせかわく)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 


こもれびの森を歩いたときの雲隣展望台と二枚目はこもれび展望所からのながめです。



ほんとにいい天気で風が気持ちよかったです。展望所の横の休憩スペースでお弁当を食べるグループがいて楽しそうでした。



 登ったぞ

  気持ち晴れ晴れ

   山の上


(のぼったぞ きもちはればれ やまのうえ)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 


きょうは外院2丁目の交差点を北上し、ウツギ谷を通ってG4ポイントまで上り、きょうはしらみ地蔵へは行かずG3からC4ポイントを目指し、府道を歩いてビジターセンターまで行きました。
ビジターセンターの管理員室に案内の人がいたので「ここから大滝へ行くにはどのルートがいいでしょうか?」とたずねてみました。その人は親切に教えてくれて、こもれびの道を教えてくれました。説明によると府道豊中亀岡線の途中に「ばばたれ坂」入り口という侵入口があり、そこに入ればあとは道しるべにしたがって、こもれび展望所、雲隣展望台、杉の茶屋を目指せばいけるということでした。ビジターセンターから約1時間で大滝に到着しました。



先週の水曜日に来てから8日ぶりの滝でした。



 弾む息
  
 滝のシャワーで

 汗落とす


   (はずむいき たきのしゃわーで あせおとす)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

1週間前の5月9日に箕面の大滝へ行ったときの写真です。川の音の激しさが自然の驚異を教えてくれていましたが、その雨がみんなが歩いていた滝道を土砂崩れで塞いでいたのです。
復旧するのに夏ぐらいまでかかるらしいですが、山にとって大雨はこわい物ですね。



この水の流れの勢いはすごかったです。音も大きかったですよ。



 
 全身に

  瀑水の音

   空は青







(ぜんしんに ばくすいのおと そらはあお)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 


1週間ぶりに山歩きすることができました。昨日の雨で山道のぬかるみが気になりましたが、なんとか予定のコースを歩くことができました。
山の道で一句浮かびました。

 木漏れ日や

  蜻蛉と歩く

   杉木立


(こもれびや とんぼとあるく すぎこだち)



この橋を渡り終わってからまたまた一句浮かびました。


 音に負け
  
  怖々渡る

   裸橋

(おとにまけ こわごわわたる はだかばし)







 風の音

  山の地蔵に

   手を合わす


(かぜのおと やまのじぞうに てをあわす)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 


昨年から念願だった箕面の滝に行ってきました。阪急箕面駅から滝道を上るのですが、昆虫館を過ぎてしばらく行くとガードマンが立っていて、いつもの滝道が山崩れで工事中なので左岸コースを上るようにとのことでした。姫岩をくぐって中千本を過ぎて、釣鐘淵の手前でいつもの道に入ることができ、大滝に到着しました。

昨日の雨の跡なので川の流れが激しくてダイナミックでした。



釣鐘淵を過ぎた当たりで滝の音が聞こえ始めました。



雨のせいなのでしょうか、音も大きくて滝のしぶきも激しくて近づくとずぶ濡れになりそうでした。マイナスイオンを一杯浴びてすがすがしい気分になりました。





  ふんわりと

   滝の煙が

    我囲む


(ふんわりと たきのけむりが われかこむ)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 


しらみ地蔵の前に青い池ができていました。かなりの雨が降った日の翌々日の山歩きの時の写真です。山道にもまだ水が残っていて時折水が流れて歩きにくい箇所もありました。
このしらみ地蔵の前の道は山歩きの人たちの絶好のオアシス道路になっているらしく気持ちよさそうに歩いている人たちとよく出会います。



 いつの間に

  青い池あり

 地蔵前


(いつのまに あおいいけあり じぞうまえ)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 


カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[07/08 ウブロスーパーコピー]
[01/08 miwa]
[12/30 bozu]
[12/26 桂]
[12/10 桂]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。