心に届く俳句を作りたいと思っています。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
千里中央のPAL STREET LIVE でエクスト(X+)という男性二人のグループが歌っていました。
寒い中、みんなで頑張って手拍子などもしていましたが、きれいな歌声でした。
久し振りに千里中央のダイエーとピーコックをぶらぶらしました。良かったのはピーコックでフルグラの安売りをしていて(一袋598円)二つ買うことができました。





 寒い中
 歌声に引かれ
 ほっこりす


 (さむいなか うたごえにひかれ ほっこりす)


『近くの天神さんの白い梅の花が咲き始めてるよ』と近所に住む知り合いから教えられ、この前の雪の降った日曜日に天神さんに出かけてみました。真っ白な雪景色の中でよーく見ると小さな梅の花が咲いていました。斜めに伸びた枝の上に平行して雪が積もっていました。ぽつんぽつんと小さな梅の花が見えるでしょう。この花たちも驚いたでしょうね。




 黒白の
 縞の模様の
 梅に雪


 (くろしろの しものもようの うめにゆき)


日曜日に撮影しました。箕面でも久し振りの大雪で近所をぶらぶらと歩いたときの一枚です。ぶらぶらと言ってもかなり雪が積もっていたので足元に注意しながらゆっくりとざくっざくっと歩きました。小さな公園に小さな雪だるまができていました。細い枝で腕もついていました。




 笑顔なり
 歩く人見る
 雪だるま


 (えがおなり あるくひとみる ゆきだるま)


阪急蛍池駅で降りて交番の前の信号を渡ってまっすぐ北へ行くと、この階段があり眼の前に大きな坂が出現します。秋にはたくさんのドングリがごろごろ転がっています。
この坂の名前は何というのでしょうか?朝はたくさんの人が歩いていますが、今日の昼は人影まばらで坂の上から吹いてくる風が身を切るように冷たかったです。



 ポジティブに
 今日も階段
 上りつつ


 (ぽじてぃぶに きょうもかいだん のぼりつつ)



久し振りに雪景色を味わいました。我が家の周りをカメラを持って歩いてみました。緑地内の坂道でそり遊びをする親子や広場には小さな雪だるまが作られていました。
図書館の近くの公園では、女の子が雪だるまの頭を作ったようで大きなボールを抱えて柵の上に載せていました。



勝尾寺川を遡って天神さんまで歩きました。狛犬が頭から雪をかぶり、2ひきの狛犬がお互いを見て笑っているように見えました。




 白梅に
 雪降りかかり
 花凍え


(しらうめに ゆきふりかかり はなこごえ)

上賀茂神社の神馬堂の焼き餅を買うことができました。きょうからお店が開くというのを年末から電話で確かめていたので頑張ってできるだけ早く行くようにしました。
午前10時50分に撮影しました。



これが最後のやきもちです。あと50個足らずしか残っていません。お店の中には次から次ヘとお客さんがやってきてあっというまに売り切れてしまいました。11時には完売になっていました。



久し振りに買うことができたので奮発して10個買いました。1個130円ですので1300円もかかってしまいました。それでも何年ぶりかなのですごく楽しみです。このブログで検索すると2010年の9月と2015年の8月にこの焼き餅を買うことができて食べていました。
2009年とか、2016年とか残念ながら買えなかったと記録してありました。



この焼け具合がいいですよね。本日中にお召し上がり下さいというチラシが入っていました。頑張ってきょうのうちに食べてしまいたいのですが、どうでしょうか?




 念願の
 やきもち十個
 寒の入り


 (ねんがんの やきもちじゅっこ かんのいり)


大晦日の夜に近所の帝釈寺に行きました。除夜の鐘がつけるかも知れないと思って紅白歌合戦の終わるのも待たず午後11時過ぎに家を出てお寺に向かいました。するとお寺の付近にはたくさんの人がいて何人かの人が鐘つきの券はどこでもらえるのかとお坊さんに尋ねているのを耳にしました。『もう終わりました』と答えがあり、鐘の方を見るとたくさんの人が並んでいました。「今からここに並んで参拝すれば、参拝記念に干支の土鈴がもらえます。」と言う放送が入り、約30分みんなと一緒に並んで年明けを待ちました。

これがその土鈴です。



かなり前の方に並んでいたようで、参拝が終わり並んでいる列の横を通って帰ろうとして驚きました。ものすごい人たちが列を作っていてお寺の中だけでなく、階段を下ってお寺の前の広場を越えて一般道路にも続いていました。先着500名と書いてあったので、列の後ろの方は記念品をいただくのは無理だったかも知れません。



並んでいるときに撮影した鐘つきの様子です。鐘つきは11時半から一人ずつゆっくりと始まりました。




節分の時の苦い思い出があるのでできるだけ火のそばには近づかないようにしました。それにしてもこのお寺は火の勢いが強すぎますね。


 帝釈寺
 経を耳にし
 初詣


  (たいしゃくじ きょうをみみにし はつもうで)



篠山の妻入り商家群の河原町を歩きました。寒さのせいか人影少なく、時折、車がすり抜けても何ら支障がない街になっていました。毎年ここで来年のカレンダーをいただいているのですが、今年は見あたりませんでした。





 街歩く
 心落ち着く
 年の暮れ


 (まちあるく こころおちつく としのくれ)





にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
箕面の山から下りている勝尾寺川の川べりにこんな珍しいミカンがなっていました。小さなミカンの木に大きな実がなっているのです。か細い幹がミカンの重みでぐにゃっと左に傾いています。



その並びに安置されているお地蔵様です。三体の小さなお地蔵様ですが、大事にされているのかそれぞれに小さな湯呑みが置かれています。




 地蔵様 
 拝んで通る
 冬の朝


 (じぞうさま おかんでとおる ふゆのあさ)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
肌寒い冬の朝です。小さな小さな雨粒が車のフロントガラスにふりかかっていました。重い空が広がって外へ出る気もなかったのですが、なぜか何かが心に引っかかってドアを開けて外に降り立つと北の方角に大きな虹が架かっていました。車中での視野の中にこの虹が入っていたのでしょうね。




 東から西
 端から端まで
 冬の虹


  (ひがしからにし はしからはしまで ふゆのにじ)






にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
24 25 26 27 28 29
30
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[11/22 かわせみ]
[10/28 ka-ko]
[09/27 矢田@医療職兼業トレーダー]
[09/16 bozu]
[09/03 bozu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア