心に届く俳句を作りたいと思っています。
[2651]  [2650]  [2649]  [2648]  [2647]  [2646]  [2645]  [2644]  [2643]  [2642]  [2641
朝のバス停までの道の左右に小さな田んぼがあります。いつの間にか稲穂が垂れていました。
これだけの葉っぱにそんなに多くあるとは思えない稲の穂なのですが、沢山の米が収穫できると学習したことがあるのでなるほどなあと思いながら重そうに垂れ下がる稲穂を眺めて歩きました。




  籾の中
  米が膨らむ
  九月なり


  (もみのなか こめがふくらむ くがつなり)






(お願い)
日本ブログ村に参加しています。
下の小鳥のバナーをクリックしていただければランキングの画面になります。
一日一回のクリックをよろしくお願いします。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へにほんブログ
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[10/23 bozu]
[04/30 ともあすか]
[04/30 なな]
[04/10 管理人 富樫]
[04/06 管理人 富樫]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。