心に届く俳句を作りたいと思っています。
[885]  [884]  [883]  [882]  [881]  [880]  [879]  [878]  [877]  [876]  [875
夕方4時頃に公園駐車場に着きました。展望台のすぐ下の駐車場だったので、展望台に登ることにしました。
秋から冬は展望台の開いている時間は4時半まででした。
展望台からの風景です。








池の周りを一周してから竹林の方から池を眺めました。
そろそろ沈もうとする夕日がまぶしく竹の藪から顔をだしました。




ちょっと風流な山の中の下り道です。





この階段を下りたところは大きな木が何本もすくすくと伸び上がっていて地面は赤茶の絨毯になっています。
神々しい雰囲気を持った空間なんです。



公園の中に小高い丘があって、登って行くと紅葉を眺めている人がいました。



このあと、夕日が写せたらと撮影ポイントを探しましたが、建物に隠れてなかなかいい場所が見つかりませんでした。
そうだ展望台からと思って行ってみると、残念!4時半を回って施錠されていました。

赤光の 紅葉の山に 人染まる

        【しゃっこうの もみじのやまに ひとそまる】



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へランキングに参加しています。クリックご協力お願いします m(._.)m

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。