心に届く俳句を作りたいと思っています。
[1335]  [1334]  [1333]  [1332]  [1331]  [1330]  [1329]  [1328]  [1327]  [1326]  [1325
今年初めて、我が家から帝釈寺北の交差点から北上し、山道を歩いて勝尾寺まで歩きました。
途中で吹田市の方からきているおじさんと一緒になり、勝尾寺古参道から研究5号線という山道から政野茶屋から東海自然歩道に出て、開成皇子の墓の方から勝尾寺の二階堂へ下りるというルートを教えてもらいました。
かなりきつい道でした。帰りのルートで出会った山雀と四十雀です。山雀って人なつっこいそうで、手の中に餌を置くと飛んできて食べていました。
二枚目の写真はえさ台で餌を食べる四十雀です。四十雀は用心深くてなかなか写真に収まってくれません。







この4枚目の写真はやっと撮れました。みんな動きが素速いのです。

下り坂 気分爽快 山の道
(くだりざか きぶんそうかい やまのみち)

はあ はあ はあ 息を切らしながら山道を上りました。その道が平になり緩い下り道になると、汗をかいた体に冷たい風も気持ちよく、徐々に呼吸も収まり、いつの間にか鼻歌を歌っていたりします。
それでも今日の東海自然歩道はかなりの道でした。上り道と下り道が次から次とあらわれます。
上が見えない登り道、それも石ころゴロゴロ岩の道があり、ここで怪我でもしたら冗談ではないぞと考えながら歩きました。




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ランキングに参加しています。
 よろしければこの左のひまわりイラストのついた俳句のボタンをポチッと押してください。
 ご協力ありがとうございます。 m(._.)m





この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
山雀
山雀が手の上の餌を食べてますね。ずいぶん慣れて、いい光景ですね。
なりひら URL 2013/02/04(Mon)16:52:26 編集
Re:山雀
はい、自然の中でのふれあい。可愛い鳥たちです。鳥のおじさんに聞いたのですが、こうやって近づいてくるのはこの寒い時期だけだそうです。桜が咲く頃にはご馳走の虫たちが増えるのでたくさん次から次へと餌をねだりに来ることはないそうです。冬場は餌が少ないんですね。
【2013/02/04 19:29】
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[10/23 bozu]
[04/30 ともあすか]
[04/30 なな]
[04/10 管理人 富樫]
[04/06 管理人 富樫]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。