心に届く俳句を作りたいと思っています。
[1336]  [1335]  [1334]  [1333]  [1332]  [1331]  [1330]  [1329]  [1328]  [1327]  [1326
昨日歩いた『東海自然歩道』の政野茶屋から開成皇子の墓までで撮影したものです。
まず最初は延々と続く上りの木の階段です。前を見ると気が遠くなるほどどこまでもどこまでも続いているように見えるんです。もちろん体力的にはほとんど限界といった感じが続きます。



登り切ったところに割としっかりしたベンチがあります。
その横に若い桜の木がありました。



春になったらこの桜の花を見に来ようと思います。でもこの道をまた来るという気持ちになるかどうかちょっと自信がありません。



自動車が走る道を跨ぐように橋が架かっていました。『ぎふちょうばし」と命名されています。ぎふちょうが飛んでいるのでしょうか?



一見したところ何があるのかわかりませんでしたが、近づいてよく見ると山の模型でした。結局、ものすごくしんどかった場面では撮影する気にならずひたすら上ったり下ったりしていました。




春を待つ俺の桜と思ひけり
     (はるをまつ おれのさくらと おもいけり)








にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ランキングに参加しています。
 よろしければこの左のひまわりイラストのついた俳句のボタンをポチッと押してください。
 ご協力ありがとうございます。 m(._.)m






この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。