心に届く俳句を作りたいと思っています。
[976]  [975]  [974]  [973]  [972]  [971]  [970]  [969]  [968]  [967]  [966
きれいな青空の下、古木が立っていました。背景の青空とぼろぼろになった木が対照的に思え、撮影してみました。一枚も葉を残さず寒い冬を堪え忍ぶ古木の応援をしたくなりました。
春になれば青々とした葉を繁らせるのでしょうか?

青空に枝を伸ばして深呼吸
    【あおぞらに えだをのばして しんこきゅう】                                          by    uzumaru




寒山に枝広げたり古木立つ

         【かんざんに えだひろげたり こぼくたつ】


右の方に千里中央のビルが見えますが、真ん中にうすくボーっとビル群が見えます。梅田周辺の高層ビルです。




見下ろせば梅田のビルが霞み立つ

        【みおろせば  うめだのびるが  かすみたつ】



 

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ランキングに参加しています。
 よろしければこの左のひまわりイラストのついた俳句のボタンをポチッと押してください。
 ご協力ありがとうございます。 m(._.)m


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。