心に届く俳句を作りたいと思っています。
[972]  [971]  [970]  [969]  [968]  [967]  [966]  [965]  [964]  [963]  [962
箕面の帝釈寺から山の方に登る勝尾寺古参道です。
ゲートを開けてしばらくは左右に写真のような杉木立です。以前に一度この杉木立の中で雪の小坊主を撮影しました。清々しい朝の空気の中、次から次へとたくさんの人が登っていきます。中にはジャージ姿で軽くジョギングしながら登る人もいます。
きょうは日曜日は団体さんの姿もありました。老若男女それぞれの登山スタイルで山に挑戦しています。




道から逸れて杉林の中に入ってみると足元はふかふかで冬の冷気が木のぬくもりがあるせいかまったりと感じられます。どんどん真ん中に入って真上を見ると枝々を突き抜けて青空が見えました。

光を入れるためには、下枝切りって必要なんだなあと感じました。





若杉の立ち話あり冬木立

      【わかすぎの たちばなしあり ふゆこだち】

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ランキングに参加しています。 よろしければこの左のひまわりイラストのついた俳句のボタンをポチッと押してください。 ご協力ありがとうございます。 m(._.)m


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
冬木立ち
◎とめどなく噂に興ず冬木立ち(なりひら)
なりひら URL 2012/02/13(Mon)00:14:29 編集
冬木立ち
まいりました。私の説明的な俳句に比べて一直線ですね。
【2012/02/13 21:56】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。