心に届く俳句を作りたいと思っています。
[937]  [936]  [935]  [934]  [933]  [932]  [931]  [930]  [929]  [928]  [927
昨年の大晦日に長田神社の境内で見かけた二つの屋台です。
ひとつはどんぐりあめの屋台です。子どもの頃一個1円か2円で食べたあの大きな団栗飴の味が忘れられません。時々よく似た茶飴とか、黒飴のたぐいを買って食べてみるのですが、あの味には未だに出会えません。



そのどんぐりあめの真ん前にドネルケバブの店が出ていました。
最初はちょっと脂っぽくて食べるのに苦労しましたが、慣れるとおいしさが分かってきます。
おそらく羊の肉なんでしょうね。




イスタンブールの港で食べたイワシをパンに挟んで売っていたサンドイッチ?が思い出され、どんぐりあめといい、このケバブといい何となく昔を思い出し、懐かしいです。

大晦日 飴とケバブに めぐりあい

        【おおみそか あめとけばぶに めぐりあい】






にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へランキングに参加しています。クリックご協力お願いします m(._.)m

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。