心に届く俳句を作りたいと思っています。
[312]  [311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302
文字通りの梅雨の晴れ間をぬって、池田城の城跡公園に行きました。夏の太陽の光は景色に激しいコントラストを与えますね。まず、春に芽生えていた百合はどうなっているのかなあと思いながら、園内を歩くと、目に飛び込んできたのが真っ白い百合の花の群れでした。一花一花がまるで生きているように隣近所と話をしてる見たいに見えました。

百合の花

立ち並ぶ 聴衆のよう 群れる百合
(たちならぶ ちょうしゅうのよう むれるゆり)

城と百合

古の 兵思い 城仰ぐ
(いにしえの つわものおもい しろあおぐ)


ブブゼラ


百合白く ブブゼラのよう 音はなし
(ゆりしろく ぶぶぜらのよう おとはなし)

         この美しい矢印はウズマルさんが作ってくれました。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へにほんブログ村
■■■ランキングに参加しています。励みになりますので、小鳥さんのクリック、よろしくお願いします。またコメントもよろしくお願いします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[10/15 ryo]
[08/23 甘ん]
[08/19 甘ん]
[08/18 甘]
[05/04 東京のE子とS子]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア