心に届く俳句を作りたいと思っています。
[328]  [327]  [326]  [325]  [324]  [323]  [322]  [321]  [320]  [319]  [318
カラスと同じようにスズメも季語としては使いにくいのでしょうね。でも一茶のあの有名な句は春なのでしょうか。カラスの場合も鴉の子は春、初鴉は正月らしいです。
朝、駐車場で数羽のスズメたちがチュンチュン、チュンチュン騒いでいました。どうしたのだろうとよーく見ると生け垣の中の花の実か新芽を食べている様子です。枝の先に停まるとスズメの重みで木の枝がしなってゆらゆら揺れています。上下するスズメはそれを喜んでいるようで何度も何度も枝先に乗っては揺れていました。
小さすぎて見にくいでしょうが、スズメが二羽見えますか?

スズメ

ズズたちが 無心に遊ぶ 夏の朝
 (ずずたちが むしんにあそぶ なつのあさ)

振り向いたカラス

振り向いて 「ズズと呼ぶな!」と スズメ言い
 (ふりむいて ずずとよぶなと すずめいい)


      この美しい矢印はウズマルさんが作ってくれました。
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へにほんブログ村
■■■ランキングに参加しています。励みになりますので、小鳥さんのクリック、よろしくお願いします。またコメントもよろしくお願いします。
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。