心に届く俳句を作りたいと思っています。
[999]  [998]  [997]  [996]  [995]  [994]  [993]  [992]  [991]  [990]  [989
一年前、高槻の病院の6階でぐらぐら揺れるのを体験しました。
「地震です。棚の上のものが落ちないように注意してください。」と言う看護師の一報があり、ベッドの上に目をやったとたん、またぐらぐらとゆっくり揺れたのを覚えています。

しばらくすると、携帯電話で情報を知った人が『三陸沖で大きな地震があったらしい。」と話しているのが聞こえました。「三陸沖の地震で関西がこんなに揺れるかなあ」と考えたのを覚えています。

高槻市内の竹やぶの道です。



あれから一年、与えられる情報で見る限りではまだまだ遅々とした復興への歩みです。
それぞれの人が与えられた持ち場で懸命にがんばっているとは思うのですが、政治力というか、メリハリのある見通しをきちんと見せてほしいです。
本当に困っている人たちを今すぐ何とかする施策がとれるような体制はできないのでしょうか?

竹やぶを歩きながら竹林の七賢人を思い浮かべてしまいました。



はや一年七賢人の嘆きかな

         【はやいちねん しちけんじんの なげきかな】


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ランキングに参加しています。 よろしければこの左のひまわりイラストのついた俳句のボタンをポチッと押してください。 ご協力ありがとうございます。 m(._.)m


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。