心に届く俳句を作りたいと思っています。
[944]  [943]  [942]  [941]  [940]  [939]  [938]  [937]  [936]  [935]  [934


黄色い袈裟を着たお坊さんと一般の人たちがお経を唱えていました。

男子の小用トイレの上にしゃれた小窓がありました。その小窓から見た景色です。
花瓶に生けられた赤い実に焦点があって後ろの山茶花がぼやけてしまいました。



萬両の壺に収まる一・一七

         【まんりょうの つぼにおさまる いちいちなな】






にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へランキングに参加しています。クリックご協力お願いします m(._.)m
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。