心に届く俳句を作りたいと思っています。
[2861]  [2860]  [2859]  [2858]  [2857]  [2856]  [2855]  [2854]  [2853]  [2852]  [2851
ベランダから外を眺めると木蓮の花が咲いているのが目に入りました。あちらの木に一つ、こちらの枝に一つという具合に木蓮の花は孤独でした。遠くで鳥の鳴き声がしましたが、姿を見せることなくカメラを構える私は朝の寒さで震えてしまいました。その後気づいたのですが、少し熱があったようです。



横に伸びた枝からさらに伸びようと花も横向きに咲いていました。♪木蓮のつぼみがひらくのを見るたびに あふれ出す涙は ゆめのあとさきに♪




 花眺める
 木蓮の涙
 聴きながら


  (はなながめる もくれんのなみだ ききながら)


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
29 30
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[05/04 東京のE子とS子]
[11/22 かわせみ]
[10/28 ka-ko]
[09/27 矢田@医療職兼業トレーダー]
[09/16 bozu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア