心に届く俳句を作りたいと思っています。
[3398]  [3397]  [3396]  [3395]  [3394]  [3393]  [3392]  [3391]  [3390]  [3389]  [3388
読書の秋がやってきました。若い頃、スチール製の大きな本棚や動く棚があるオシャレな本棚にいろいろな本を並べて悦に入っていたことがありました。ところがいつの頃からか、本は並べているだけでも古くなりほこりもたまり、触るのもおっくうになりはじめ、段ボールに入れて押し入れにため込むようになってしまいました。引っ越しの時などに結局邪魔になってしまい、古本屋さんに売ったり、新聞紙と一緒に引き取ってもらったりしているうちに、「本は買わない=図書館で借りる」という習慣がついていました。それなのに気がつくと佐伯泰英の新刊を買っているうちにこんなに並んでしまいました。最初は図書館で借りて読み始めたのに、新刊が出るのが待ち遠しくなりついつい買ってしまうようになってしまいました。





 夢中なり

  時場所越えて

   ページ繰る


(むちゅうなり ときばしょこえて ぺーじくる)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[01/08 miwa]
[12/30 bozu]
[12/26 桂]
[12/10 桂]
[12/03 桂]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。