心に届く俳句を作りたいと思っています。
[632]  [631]  [630]  [629]  [628]  [627]  [626]  [625]  [624]  [623]  [622
暖かい春の陽射しを浴びてチューリップの花は大きく花びらを膨らませていました。その花びらに吸い付けられるように何人かの女の子達がやってきて取り囲むように座り込みました。
「何をしてるのかな?」と目をこらすと、パレットが白くキラキラ輝いて見えました。

写生の時間だったようです。
上から見ると運動場そのものが一枚のキャンバスに見えてきました。
じっと座って描き続ける子、ポイントが定まらないのかうろうろしてる子、わざわざ日陰に座って寒そうにしてる子、上からの眺めは飽きることを知りませんでした。



チューリップと にらめっこする 図工かな
       
          【ちゅーりっぷと にらめっこする ずこうかな】


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ランキングに参加しています。クリックご協力お願いします m(._.)m 0
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。