心に届く俳句を作りたいと思っています。
[822]  [821]  [820]  [819]  [818]  [817]  [816]  [815]  [814]  [813]  [812
丹後半島を北上し、てんきてんき丹後を目指しました。
「てんきてんき」というのは祭りの時の囃子ことばからつけたと言うことで
売店の中に入ってみて、試食品の多さに驚きました。
私の大好きな20世紀梨があったので「これはこのあたりの梨ですか?」
と尋ねると、
「そうですよ、間人(たいざ)でとれた梨ですよ。」
と答えが返ってきたので
「この辺は間人(たいざ)なんですか?」と尋ねると
「はい、たいざです」
とはっきり答えられたので驚きました。


お店の中で一番大きそうな20世紀梨を買って帰りました。
さっそくその日のうちに一個食べましたが、あまくてとても美味しかったです。



道の駅を出てから間人の町を巡ってみました。間人小学校がありました。
間人(たいざ)の町は長いこと一緒に碁を打った知りあいのふるさとなんです。
碁を打ちながらよく間人の町の話を聞いたので私もなんだか懐かしい町でした。
人偲ぶ 間人の梨の 甘さかな


         【ひとしのぶ たいざのなしの あまさかな】




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へランキングに参加しています。クリックご協力お願いします m(._.)m
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。