心に届く俳句を作りたいと思っています。
[508]  [507]  [506]  [505]  [504]  [503]  [502]  [501]  [500]  [499]  [498
いつも見かける形のいい樹です。すぐに木の名前が出てこないのが残念ですが、この形の木の葉が赤から茶色っぽくなれば本格的な冬の到来です。北風、降霜、凍結、このような二字熟語を知っているかのように、木々たちは冬の支度をします。



車を運転しながら、さだまさしの初期の頃のCDを聞いていたので、こんな句を作ってしまいました。葉っぱのフレディの時と同じで影響を受けやすい自分にあきれています。

葉を落とす さながら人が 逝くように
    (はをおとす さながらひとが いくように)

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ランキングに参加しています。クリックご協力お願いしますm(._.)m
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
あ~~~ この木見て思いだしました
この木か横の木に紙が貼ってあったんですが ずっと気になってましたよ
あれは何なんでしょうね?
K URL 2010/12/18(Sat)12:52:46 編集
紙が~?
紙が貼ってあったことは思い出せません。落葉樹というのは季節によって全く姿を変えますよね。
【2010/12/18 23:15】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。