心に届く俳句を作りたいと思っています。
[1156]  [1155]  [1154]  [1153]  [1152]  [1151]  [1150]  [1149]  [1148]  [1147]  [1146
満開の百日紅(さるすべり)です。
百日紅は「くすぐりの木」とも言ってツルツルの幹をこするとこそばされたと思って笑うそうです。
幹を軽く叩くと枝先までゆらゆら揺れて挨拶を返してくれます。




下の方に枝が曲がってしまったのかたわわに花をつけて斜面に横たわる花群がありました。




猿が登って枝を曲げてしまったのでしょうか?花の重さに耐えかねて枝が曲がって地面に腹這いになっているのでしょうか?それでも花は力一杯咲いています。近くから見ると赤色の中に独特の黄色が散らばり、美しく咲いていました。
本当に百日咲き続けるのでしょうか?





にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ ランキングに参加しています。 よろしければこの左のひまわりイラストのついた俳句のボタンをポチッと押してください。 ご協力ありがとうございます。 m(._.)m



俯せの 百日紅の花 小首挙げ

       【うつぶせの さるすべりのはな こくびあげ】

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。