心に届く俳句を作りたいと思っています。
[1563]  [1562]  [1561]  [1560]  [1559]  [1558]  [1557]  [1556]  [1555]  [1554]  [1553
百日紅垂れ下がるなり花に雨(さるすべり たれさがるなり はなにあめ)


大きな花の塊が小雨の中風に揺れながらぶらぶら揺れていました。さっそくカメラをもって撮影に行きました。風に揺れる百日紅の花がいっときでも停まるのを待ってシャッターを押したのですが、両手の肘の外側を蚊にさされ、左手の小指の付け根も刺されてしまいました。

蚊に刺され 痒さのあまり 絶叫す(かにさされ かゆさのあまり ぜっきょうす)


雨に濡れた百日紅の木肌です。花もきれいですが、近くまで行くと幹も味わいがありました。

 
逞しい肘の関節百日紅

(たくましい ひじのかんせつ さるすべり)






にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございます。 m(._.)m




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[12/10 桂]
[12/03 桂]
[10/15 ryo]
[08/23 甘ん]
[08/19 甘ん]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。