心に届く俳句を作りたいと思っています。
[2692]  [2691]  [2690]  [2688]  [2687]  [2686]  [2685]  [2684]  [2683]  [2682]  [2681
天高く馬肥ゆる秋、絶好のドライブ日和になり、篠山市で行われた城東あじまつりに行ってきました。たくさんの車がドンドン訪れて広い駐車場が一杯になり、テントで売られている黒豆の枝豆が飛ぶように売れていました。今年は一束900円で売られていました。
ここまで来たからにはやはりくもベ小学校のくもベ定食を食べたいと思い、足を伸ばしました。
すごくおいしかった定食を食べながら撮影した窓の外の垂れ下がるツタの葉です。



同じく食堂、元職員室の窓から撮影した正門の向こうに広がる篠山の山です。



食事をしながら窓の外の門を見ていると、階段の下から次から次へと『里山工房 くもべ』のお客さんは登ってくるのですが、若者たちのグループや、年配の方たちが多く、昔はここから階段を登って登校してくる子どもたちの姿が見えたのにちがいないと思うと少し切なくなりました。
そこで季語無し一句、


 子が来ない
 煉瓦の門が
 寂しそう


(こがこない れんがのもんが さみしそう)







にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へにほんブログ

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。