心に届く俳句を作りたいと思っています。
[3614]  [3613]  [3612]  [3611]  [3610]  [3609]  [3608]  [3607]  [3606]  [3605]  [3604
昼過ぎに家の近所を散歩しました。もうほとんどのツツジが店じまいを始めていると思っていたら、こんなにあざやかに白い躑躅が咲き誇っていました。
立夏が過ぎ、もう春の陽射しとは言えないかも知れませんが、陽射しを受けて輝いていました。





  腰かがめ

   ツツジと対話

    立夏過ぎ


  (こしかがめ つつじとかいわ りっかすぎ)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。