心に届く俳句を作りたいと思っています。
[3057]  [3056]  [3055]  [3054]  [3053]  [3052]  [3051]  [3050]  [3049]  [3048]  [3047
アオバズクが住んでいた五字神社のの大きなご神木です。
見上げると青々とした葉っぱに秋の日差しが神々しく輝いていました。アオバズクではなくて小さな野鳥が動き回って時々声をあげていました。



こちらは白梅、紅梅の花が咲いている勝尾寺川を遡ったところにある神社です。




 秋の音
 祠の屋根に
 葉陰かな


 (あきのおと ほこらのやねに はかげかな)


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。