心に届く俳句を作りたいと思っています。
[3577]  [3576]  [3575]  [3574]  [3573]  [3572]  [3571]  [3570]  [3569]  [3568]  [3567
きょうは春分の日、出かけるにはまだ早いということで家のまわりの花を観察に行きました。外へ出るとあいにくの雨。こぬか雨でしょうか、傘を差すほどではない細かな雨でした。
いろいろな花を撮影したのですが、一番印象に残ったのはこの隠れるようにひっそりと現われていた白木蓮のつぼみでした。
オリヅルランの蔓が伸び放題だったので手入れをしました。久し振りの園芸作業で元気を回復しました。



枝も蕾も雨に打たれてしっぽりと濡れていました。雨のせいで開くに開かれず、木蓮の嘆きが聞こえて来そうでした。




 モノトーン

  雨の春分

   音もなし


(ものとーん あめのしゅんぶん おともなし)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。