心に届く俳句を作りたいと思っています。
[2014]  [2013]  [2012]  [2011]  [2010]  [2009]  [2008]  [2007]  [2006]  [2005]  [2004
山(やま)の中(なか)で見(み)かけた黄色(きいろ)い葉(は)っぱです。黄色(きいろ)と茶色(ちゃいろ)の色(いろ)がいい感(かん)じで溶(と)け合(あ)っていました。
その木(き)に近(ちか)づくと冬(ふゆ)の太陽(たいよう)の光(ひかり)が射(さ)していました。気温(きおん)は低(ひく)かったのですが、その場所(ばしょ)は日(ひ)を浴(あ)びて暖(あたた)かかったのです。
亡(な)くなった親父(おやじ)がおじいさんになって一人(ひとり)でひなたぼっこを気持(きも)ちよさそうにしていたのが思(おも)い出(だ)されました。






 山中に枯れゆく葉っぱ光射す

  (さんちゅうに かれゆくはっぱ ひかりさす)



にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございます。 m(._.)m
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。