心に届く俳句を作りたいと思っています。
[3134]  [3133]  [3132]  [3131]  [3130]  [3129]  [3128]  [3127]  [3126]  [3125]  [3124

謹賀新年

今年も宜しくお願い致します。


大みそかの夜、10時過ぎから年越しそばを食べてから、家の近所の帝釈寺へ除夜の鐘を撞きに行きました。11時開門ということでお寺の門の階段のところに数十人の人が並んでいました。着いたのが11時3分ぐらい前で、しばらくしてほら貝の音とともに開門し、門のところで木の札をもらいました。11時30分から鐘撞きが始まったのですが、和尚さんが一人ずつ丁寧に説明しながら撞いていくので並んでいるうちに新年を迎えました。



私は46番目に鐘を撞きました。こんな表彰状のような証明書をいただきました。



鐘撞きのあとは、初もうででお寺の外の道路に並んでいる人の最後に加わりました。参拝客の500人までにこの干支の土鈴を記念品にいただけるというので寒さの中、がんばって並んでおまいりをしました。おそらく私が500番目だったらしく私の後の人からはこの記念品はなくなっていました。私の後の後に参拝した息子は残念ながらもらえませんでした。でも家族に一つあればいいかと思い直して甘酒をいただいて帰りました。帰宅したときには午前1時を回っていました。





  酉、戌と

   土鈴が並ぶ

    元旦や


(とりいぬと どれいがならぶ がんたんや)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。