心に届く俳句を作りたいと思っています。
[3420]  [3419]  [3418]  [3417]  [3416]  [3415]  [3414]  [3413]  [3412]  [3411]  [3410
稲木に稲が干されていました。この辺ではあまり見かけない風景です。雀やカラスの予防でしょうか、細かい網がかけられていました。



道路を挟んで向かい側の田んぼではまだ刈り取られずにい一面黄色くなった稲が風に波打っていました。よく見るとまだ籾があまり膨らんでいません。晩成型の稲なのでしょうか?


 頭垂れ
  
  刈り取りを待つ

   稲の群れ


  (こうべたれ かりとりをまつ いねのむれ)


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村 

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア
クリックで救える命がある。