心に届く俳句を作りたいと思っています。
[1485]  [1484]  [1483]  [1482]  [1481]  [1480]  [1479]  [1478]  [1477]  [1476]  [1475
足元のかなり低いところに梔子(くちなし)の花が咲いていました。
まず緑の葉っぱの輝きに目がいき、「なに?この白いのは?」と思うほど花とは感じませんでした。
ちょうどスーパーの袋が丸まって落ちているような印象でした。
でもジーッとよく見ると花だったのです。




輝けど破れたような梔子花

  (かがやけど やぶれたような くちなしか)




にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ 
 ご協力ありがとうございます。 m(._.)m
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[05/04 東京のE子とS子]
[11/22 かわせみ]
[10/28 ka-ko]
[09/27 矢田@医療職兼業トレーダー]
[09/16 bozu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア