心に届く俳句を作りたいと思っています。
[1802]  [1801]  [1800]  [1799]  [1798]  [1797]  [1796]  [1795]  [1794]  [1793]  [1792
空木(うつぎ)の花(はな)が身(み)を潜(ひそ)めるように咲(さ)いていました。
公園(こうえん)の石垣(いしがき)の方(ほう)に回(まわ)り込(こ)んで花(はな)を見(み)るとこんなに咲(さ)き誇(ほこ)っていました。



歩(ある)いている道(みち)からだと少(すこ)ししか花(はな)が見(み)えません。カメラを持(も)って観察(かんさつ)するってことは今(いま)まで見(み)えてなかったものがよく見(み)えるようになるのですね。




  卯の花の赤い蕾と白い花

   (うのはなの あかいつぼみと しろいはな)





写真か俳句をご覧になって「いいね」
と思われた方は、下のリラックマ画像
をクリックしてください。
ランキングに参加しているのでご協力 
いただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございます。 m(._.)m




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
30 31
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[05/04 東京のE子とS子]
[11/22 かわせみ]
[10/28 ka-ko]
[09/27 矢田@医療職兼業トレーダー]
[09/16 bozu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア