心に届く俳句を作りたいと思っています。
[101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91
能因さんのお墓からほど近いところに伊勢寺があります。能因さんが恋い焦がれて摂津の国、古曽部まで追いかけてきた美貌の歌姫、伊勢姫の墓を祀って伊勢寺になったそうです。
「難波潟みじかき葦の節の間もあはでこの世をすぐしてよとや」
恋の歌です。
この歌の返歌が
「わびぬれば 今はた同じ難波なる みをつくしても 逢はんとぞ思う」
元良親王の歌です。
「ほんのちょっとの間でもあなたに逢わずにはいられない」
→「こんなに耐えてきたけど もうどうでもいい 死んでも逢いたい」




『節の間に 心燃やして 古曽部かな』
にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
25 26 27 28 29 30
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[05/04 東京のE子とS子]
[11/22 かわせみ]
[10/28 ka-ko]
[09/27 矢田@医療職兼業トレーダー]
[09/16 bozu]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア