心に届く俳句を作りたいと思っています。
[138]  [137]  [136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [130]  [129]  [128
千里中央公園からこぼれびのみちを通って千里中央へ歩いていきました。
日曜日の千里中央は自家用車がいっぱいで、混雑することが多いのでウォーキングを兼ねて徒歩で千里中央に入りました。
地下1階にあるカツサンドで有名な「アストリア」にはもう何年も変わらずに4人の男の人が働いています。最近、マスターの息子が加わり、5人の男の人がチームワークばっちりで営業しています。ずーっと同じメンバーなのです。ひょっとするとこの男の人たちの交わりは30年を越えて40年に迫っているのかも知れません。


こぼれ日のみち

『木漏れ日の こぼれるの待つ 歩く道』

この道には、『こぼれび通り』となった説明文が掲示されています。それによると正しい日本語は木漏れ日だが、一般公募で募集した際に、こぼれるような日の光を表現したいということから、あえて、「こぼれび」と命名したと言うことです。

にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
23 24 25
26 27 28 29 30
お願い
ランキングに参加しています。 クリックよろしく!
名言集
最新コメント
[10/15 ryo]
[08/23 甘ん]
[08/19 甘ん]
[08/18 甘]
[05/04 東京のE子とS子]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
かわせみ
性別:
男性
趣味:
映画鑑賞 読書 ドライブ  写真撮影
自己紹介:
写真の撮影が好きで自然や風景、いろいろな動物、犬、猫、チョウなどを撮影して掲載しています。自分が気に入った写真を載せていますので、芸術性や、社会性をアピールするつもりはありません。見ていただいて軽い気持ちで楽しんでいただければ幸いです。
ブログ内検索
バーコード
P R
カウンター
フリーエリア